住宅ローン借り換え手順

住宅ローン借り換え手順と進め方は?

手順イメージ

住宅ローンの借り換えをしたいけれど、どのような手順で進めたらよいかわからないという方もいるはずです。

 

住宅ローンの借り換えを行うには、様々な手続きがあります。

 

現在借入れしている金融機関と、新たに借り換えを行う金融機関で手続きを同時進行することになるので、その手順をきちんと相談して理解してから、間違いのないように進めていくことが大切になります。

 

住宅ローンの借り換え手順としては、まずは新たな借り換え先の金融機関選びから始めましょう。

 

銀行や信用金庫など、住宅ローンを取り扱う金融機関では借り換えも行なっているところが多いようです。しかし、それぞれの金融期間では金利や手続きにかかる手数料、返済期間、特典など借り換えにかかる様々な条件が異なっています。

 

住宅ローンの借入は元本自体が高額なので、少しでも金利が低くて、手数料が安いところのほうが借り換えではお得になります。
すぐに一箇所に絞り込まないで、様々な金融機関をあたりじっくり比較検討してみることが大切です。

 

次に、いくつかピックアップした金融機関に借り換えの相談をしてみましょう。

 

住宅ローンに関してあまり詳しくないという方でも、現在のローンに関係する書類を持っていくと借り換え先の金融機関でその内容を分析して、借り換えした場合今後の返済はどうなるかというシュミレーションを行い相談に乗ってくれるはずです。

 

借り換えを行う際に、ある程度返済をイメージしていても、実際に返済が始まるとこんなはずでは・・・と思う人も少なくありません。
しかし、借り換え前にシュミレーションを行えば、具体的な返済プランがはっきりとわかるので現実とイメージが異なることもありません。

 

あとは、対応がきちんとしているなど信用できるところを選びましょう。

 

借り換え先が決まったら、あとは必要な書類と手数料など必要経費を準備して、借り換えの申し込みを行います。

 

申し込みが完了すると、借り換え先では書類内容に基づいて借入を行えるかどうかの審査が実施されます。

 

審査が通って借り換えが決定したら、現在支払っている住宅ローンを一括返済する手続きを行います。

 

一括返済には様々な手続きが必要となるので、借入れ中の金融機関に尋ねて、スムーズに返済できるように手続きを進めましょう。

 

借り換えの契約を締結させれば、新たに借り換え先からの借入れがスタートし抵当権も設置されます。更に、住宅ローンの完済が終わると、これで借り換えに必要なステップが全て終了したことになります。


住宅ローン借り換え相談でおすすめランキング!【2017年4月最新版】


住宅ローン借り換え相談TOP 借り換えの口コミは? 借り換えおすすめな人は? 銀行の選び方は? 当サイトおすすめ!