住宅ローン借り換え手順

住宅ローン借り換え手順と進め方は?

手順イメージ

住宅ローンの借り換えをしたいけれど、どのような手順で進めたらよいかわからないという方もいるはずです。

 

住宅ローンの借り換えを行うには、様々な手続きがあります。

 

現在借入れしている金融機関と、新たに借り換えを行う金融機関で手続きを同時進行することになるので、その手順をきちんと相談して理解してから、間違いのないように進めていくことが大切になります。

 

住宅ローンの借り換え手順としては、まずは新たな借り換え先の金融機関選びから始めましょう。

 

銀行や信用金庫など、住宅ローンを取り扱う金融機関では借り換えも行なっているところが多いようです。しかし、それぞれの金融期間では金利や手続きにかかる手数料、返済期間、特典など借り換えにかかる様々な条件が異なっています。

 

住宅ローンの借入は元本自体が高額なので、少しでも金利が低くて、手数料が安いところのほうが借り換えではお得になります。
すぐに一箇所に絞り込まないで、様々な金融機関をあたりじっくり比較検討してみることが大切です。

 

次に、いくつかピックアップした金融機関に借り換えの相談をしてみましょう。

 

住宅ローンに関してあまり詳しくないという方でも、現在のローンに関係する書類を持っていくと借り換え先の金融機関でその内容を分析して、借り換えした場合今後の返済はどうなるかというシュミレーションを行い相談に乗ってくれるはずです。

 

借り換えを行う際に、ある程度返済をイメージしていても、実際に返済が始まるとこんなはずでは・・・と思う人も少なくありません。
しかし、借り換え前にシュミレーションを行えば、具体的な返済プランがはっきりとわかるので現実とイメージが異なることもありません。

 

あとは、対応がきちんとしているなど信用できるところを選びましょう。

 

借り換え先が決まったら、あとは必要な書類と手数料など必要経費を準備して、借り換えの申し込みを行います。

 

申し込みが完了すると、借り換え先では書類内容に基づいて借入を行えるかどうかの審査が実施されます。

 

審査が通って借り換えが決定したら、現在支払っている住宅ローンを一括返済する手続きを行います。

 

一括返済には様々な手続きが必要となるので、借入れ中の金融機関に尋ねて、スムーズに返済できるように手続きを進めましょう。

 

借り換えの契約を締結させれば、新たに借り換え先からの借入れがスタートし抵当権も設置されます。更に、住宅ローンの完済が終わると、これで借り換えに必要なステップが全て終了したことになります。


住宅ローン借り換え相談でおすすめランキング!【2018年12月最新版】

サムネイル
  • 申し込みから契約までネットで完結
  • 来店不要だから時間の成約無し
  • 一般団信&がん保障特約(50%)が無料
  • がんと診断で住宅ローン残高が2分の1に
  • 一部繰上返済手数料無料
  • じぶん銀行口座なしでも申し込み可能
  • auユーザーならさらにお得に割引
矢印 申し込み


サムネイル
  • 低金利で人気の住信SBIネット銀行
  • 8疾病保障保険料・団信保険料無料
  • 保証料・繰上返済手数料無料
  • 顧客満足度が高く借り換えも人気
  • 使い勝手の良い充実のサービス
  • コンビニATM手数料は月5回まで無料
  • 事務取扱手数料は借入れ金額の2%+税
矢印 申し込み


サムネイル
  • フラット35最低水準金利を手数料
  • 諸費用も安いのでメリットが多い
  • ネットで申し込み・来店不要
  • ネット利用で繰上返済10万円から
  • フラット35独自の審査基準が魅力
  • 繰り上げ返済手数料・保証料0円
  • 団信保険料は本人が負担
矢印 申し込み


サムネイル
  • イオングループの買い物が毎日5%オフ
  • 専門スタッフが最初からサポート
  • 保証料・繰上返済手数料無料
  • 8疾病保証付き住宅ローンも容易
  • 全国110店舗以上のイオン銀行だから安心
  • 繰上返済は1万円から
  • 団信保険料・8疾病保障保険料は本人負担
矢印 申し込み