住宅ローン借り換え人気銀行

住宅ローン借り換え人気銀行は?

人気の銀行イメージ

住宅ローンの借り換えに対応している金融機関は、銀行や信用金庫など多数あります。ここでは住宅ローン借り換え相談で人気の銀行についてご紹介しましょう。

 

金利や借入れ可能額、手数料にかかる金額など金融機関によって借入の条件は異なります。

 

条件を比較してみると、借入しやすい金融機関はある程度絞られてきますが、なかなか一つに決まらないという方もいると思うので、借換え相談で人気の借り換え金融機関を紹介していくので参考にしてみてください。

 

まず人気があるのが、新生銀行のパワースマート住宅ローンです。

 

新生銀行は、借り換えにかかる諸経費の中でもっとも大きなウェイトを占める保証料が無料であるのが大きなポイントです。

 

更に、事務手数料も借り入れ金額にかかわらず安心パック付帯時の事務取扱手数料は10万円であり、繰り上げ返済手数料もいくらでもかからないので、諸経費が安く抑えられるということで人気があります。

 

返済方法としては固定金利と変動金利があるので、選ぶことができます。金利も比較的低いので、借り換えしても得になる場合が多いと言えます。

 

また、ローンの残りの返済期間にかかわらず、借り換え返済の期間が最長35年とかなり長く、これは新生銀行だけのサービスであり、返済の負担も減ります。

 

また新生銀行で借り換えを行うと、定期預金で優遇が受けられるなど様々な特典があるのも注目したいところです。

 

そして、住信SBIネット銀行も金利がかなり低いということで人気となっています。

 

特に金利変動型では、ダントツの低金利を誇ります。また、金利固定型でも他の金融機関と比べると金利が低いのでとても魅力です。

 

ネット銀行なのでなんとなく利用しづらいという人もいるかもしれませんが、仕組みを知ってしまえば逆に便利に使えます。そして、諸経費の繰り上げ返済手数料や保証料がかからないのもポイントの一つです。

 

また、楽天銀行フラット35も注目を集めている住宅ローンの一つです。

 

フラット35は金融機関によって金利が異なりますが、中でも楽天銀行は低金利を誇っています。

 

更に借り換えにかかる諸経費としては、保証料や繰り上げ返済手数料も無料であり、事務手数料は1.05パーセントとお得です。
親子リレー返済など様々な返済プランが採用されているので、自分の生活にあった返済プランを選ぶことができます。

 

他にも保証料はかかりますが、他の諸経費が安く、金利が低く、更に長期30年の金利固定期間が設定されている三井住友銀行も人気があります。

 

また、10年の金利固定型の金利が低く、金利優遇条件を設定しているなど、ポイントが高いイオン銀行も最近では利用者が増えています。


住宅ローン借り換え相談でおすすめランキング!【2018年12月最新版】

サムネイル
  • 申し込みから契約までネットで完結
  • 来店不要だから時間の成約無し
  • 一般団信&がん保障特約(50%)が無料
  • がんと診断で住宅ローン残高が2分の1に
  • 一部繰上返済手数料無料
  • じぶん銀行口座なしでも申し込み可能
  • auユーザーならさらにお得に割引
矢印 申し込み


サムネイル
  • 低金利で人気の住信SBIネット銀行
  • 8疾病保障保険料・団信保険料無料
  • 保証料・繰上返済手数料無料
  • 顧客満足度が高く借り換えも人気
  • 使い勝手の良い充実のサービス
  • コンビニATM手数料は月5回まで無料
  • 事務取扱手数料は借入れ金額の2%+税
矢印 申し込み


サムネイル
  • フラット35最低水準金利を手数料
  • 諸費用も安いのでメリットが多い
  • ネットで申し込み・来店不要
  • ネット利用で繰上返済10万円から
  • フラット35独自の審査基準が魅力
  • 繰り上げ返済手数料・保証料0円
  • 団信保険料は本人が負担
矢印 申し込み


サムネイル
  • イオングループの買い物が毎日5%オフ
  • 専門スタッフが最初からサポート
  • 保証料・繰上返済手数料無料
  • 8疾病保証付き住宅ローンも容易
  • 全国110店舗以上のイオン銀行だから安心
  • 繰上返済は1万円から
  • 団信保険料・8疾病保障保険料は本人負担
矢印 申し込み