住宅ローン借り換え審査基準

住宅ローン借り換え審査基準甘いのは?

審査イメージ

住宅ローンの借り換えを行う際は、新規で住宅ローンを組んだ時のように借入れを行なっても返済能力があるかどうかをチチェックする審査が行われます。

 

審査は通常、借り換えの申し込みが行われると提出された書類を検討して行います。

 

審査の基準は各金融機関によって異なりますが、借入額が高額なこともあって通常のローンよりも厳格になっています。

 

とりわけ、借り換えというのは今までのローンでは返済が苦しい、金利が少しでも上がるともう返済できなくなってしまうから借り換えを申し込んできたのでは?というように取られがちだからです。

 

といっても、はっきりとした審査基準は明らかになっていないので審査に通るのか不安に感じる人もいるのではないでしょうか?

 

主な住宅ローン借り換えの審査項目としては、職業や勤続年数、収入や年齢、健康状態や物件評価などが挙げられます。

 

職業では収入の安定性から言うと、一般的に自営業や派遣社員だと審査では少し厳しくなり、大手企業の会社員や公務員などは有利に働くと言われています。

 

そして勤続年数でいうと、基本的に3年以上勤続年数がないと借り換えが難しいというところがほとんどです。

 

自営業の場合だと、勤続年数ではなく開業からの年数で5年以上はないと借り換えは厳しいと言われており、主に経営状態などが審査されることがあります。

 

今は会社員だけど開業や独立を目指しているという人の場合で、ローンの借り換えを検討しているという人の場合、借り換えのタイミングに気を付けなければなりません。

 

ただ、自営業の人でも会社員より借りやすいローンもあるので、調べてみるとよいでしょう。

 

また、年齢では年が若い人だと将来的に長く働けるので返済能力は高いとみなされるし、健康状態ではやはり何も問題ない人のほうが同じように有利になります。

 

そして、年収ですが一般的に400万円以上が借入れOKな目安だと言われています。

 

収入に対するローン返済利率が高いと、徐々に生活が苦しくなって返済できなくなるのでは?と思われます。

 

そこで、収入が少ない場合は他の家族の収入も合算してもらうと、金融機関によっては審査に通りやすくなると言われています。

 

次に、物価評価もポイントとなります。新規ローンを組んだ時期は物価価格が高かったけれど、年数が経って資産価値が大幅に落ちていると借り換えができないこともあります。

 

他にも、現在カードローンなどの借金が多額にあって支払いが滞っていたり、過去に借金をきちんと返済できなかったという経験があると、審査でひっかかる場合あるので注意が必要です。


住宅ローン借り換え相談でおすすめランキング!【2018年8月最新版】

サムネイル
  • 申し込みから契約までネットで完結
  • 来店不要だから時間の成約無し
  • 一般団信&がん保障特約(50%)が無料
  • がんと診断で住宅ローン残高が2分の1に
  • 一部繰上返済手数料無料
  • じぶん銀行口座なしでも申し込み可能
  • auユーザーならさらにお得に割引
矢印 申し込み


サムネイル
  • 低金利で人気の住信SBIネット銀行
  • 8疾病保障保険料・団信保険料無料
  • 保証料・繰上返済手数料無料
  • 顧客満足度が高く借り換えも人気
  • 使い勝手の良い充実のサービス
  • コンビニATM手数料は月5回まで無料
  • 事務取扱手数料は借入れ金額の2%+税
矢印 申し込み


サムネイル
  • フラット35最低水準金利を手数料
  • 諸費用も安いのでメリットが多い
  • ネットで申し込み・来店不要
  • ネット利用で繰上返済10万円から
  • フラット35独自の審査基準が魅力
  • 繰り上げ返済手数料・保証料0円
  • 団信保険料は本人が負担
矢印 申し込み


サムネイル
  • イオングループの買い物が毎日5%オフ
  • 専門スタッフが最初からサポート
  • 保証料・繰上返済手数料無料
  • 8疾病保証付き住宅ローンも容易
  • 全国110店舗以上のイオン銀行だから安心
  • 繰上返済は1万円から
  • 団信保険料・8疾病保障保険料は本人負担
矢印 申し込み