住宅ローン借り換えメリット

住宅ローン借り換え返済楽になる?

相談イメージ

新居を建てる際に、ほとんどの人が住宅ローンを利用しますよね。

 

でも今借入している住宅ローンは支払いがきつい、もっと支払い額が減れば生活が楽になるのにと感じている人も多いと思います。
現在は低金利の状態が続いているので、高金利時や変動金利タイプのローンを組み、低金利のお得な期間を経過し、今は金利が高いままで支払いを続けているという人におすすめなのが、住宅ローンの借り換えです。

 

住宅ローンの借り換えというのは、現在借入れしているローンを一度全部返済してから、新しくローンを組み直すことを意味します。
金利が低いローンに借り換えをすれば、長い目で見て返済は大分楽になります。

 

しかし、借り換えは無料でできるというわけではないし、事務手続きが必要となります、そういったわからない点について相談したいのは当然のこと。

 

現在のローンの残高を一括返済する費用をはじめ、様々な諸経費が必要となるので、借り換えで節約できる金額よりも借り換えにかかる費用が高くなってしまっては意味がありませんよね。

 

そこで、借り換え相談をする上でおおまかな基準となるポイントがあるので、参考にしてみましょう。

 

まず、注目したいのが金利です。現在組んでいるローンの金利と、新たに借り換えるローンの金利差が1パーセント以上あるかどうかをチェックしましょう。

 

更に、ローンの残期間があまりに短いと借り換えの意味がないので、10年以上は残っているか否かもポイントです。

 

最後にローンの残金をみてみましょう。残金が最低でも500万円から1000万円以上あるかどうかもチェック項目の一つとなります。

 

最低でもこの3つのポイントが揃っていれば、借り換えを行なってもお得になると言えます。

 

ただ、ローンによっては金利差が少なくても返済期間が長いと得になる場合があります。色々と調べてみて、ざっとでいいから借り換えた時に得になる金額を算出してみるとよいでしょう。

 

主に借り換えのパターンとしては、銀行など民間の金融機関から別の民間金融機関への借り換えや公庫から民間の金融期間への借り換えなどがありますが、民間の金融機関から公庫への借り換えはできないなど、借り換えに関しては様々な取り決めなどがあるので注意が必要です。

 

それに、借り換えを行うタイミングも大切になります。日本では超低金利の時代が続いていますが、金利が日々変動しているので時期を逃すとまた金利が上昇してしまう可能性もあります。

 

低金利の今だからこそ、できるだけ早く住宅ローンの借り換え相談をされることをおすすめします。


住宅ローン借り換え相談でおすすめランキング!【2018年12月最新版】

サムネイル
  • 申し込みから契約までネットで完結
  • 来店不要だから時間の成約無し
  • 一般団信&がん保障特約(50%)が無料
  • がんと診断で住宅ローン残高が2分の1に
  • 一部繰上返済手数料無料
  • じぶん銀行口座なしでも申し込み可能
  • auユーザーならさらにお得に割引
矢印 申し込み


サムネイル
  • 低金利で人気の住信SBIネット銀行
  • 8疾病保障保険料・団信保険料無料
  • 保証料・繰上返済手数料無料
  • 顧客満足度が高く借り換えも人気
  • 使い勝手の良い充実のサービス
  • コンビニATM手数料は月5回まで無料
  • 事務取扱手数料は借入れ金額の2%+税
矢印 申し込み


サムネイル
  • フラット35最低水準金利を手数料
  • 諸費用も安いのでメリットが多い
  • ネットで申し込み・来店不要
  • ネット利用で繰上返済10万円から
  • フラット35独自の審査基準が魅力
  • 繰り上げ返済手数料・保証料0円
  • 団信保険料は本人が負担
矢印 申し込み


サムネイル
  • イオングループの買い物が毎日5%オフ
  • 専門スタッフが最初からサポート
  • 保証料・繰上返済手数料無料
  • 8疾病保証付き住宅ローンも容易
  • 全国110店舗以上のイオン銀行だから安心
  • 繰上返済は1万円から
  • 団信保険料・8疾病保障保険料は本人負担
矢印 申し込み