住宅ローンと消費税増税のQ&A集

 

消費税は引き上げられる?

消費税の増税は本当に行われるのでしょうか?


 

減税の対象はあくまで住宅のみです

消費税の増税が本当に行われるかどうかは、未来の話なので、最終的にどうなるかは分かりません。しかし、現状の野田内閣が強力に消費税増税を推し進めている点、野党である自民党の谷垣総裁が、民主党が消費税増税を主張する前に、10%程度の消費税増税を主張していた点などを考えると、法案が成立する可能性は十分考えられると思われます。

 

以前、中曽根内閣の時代に提唱された売上税などは、世論の猛反発にあって成立しませんでしたが、今回の消費税増税は、特に、他に有力な財源が見当たらない中で、消費税の増税はある程度容認すると考える人もいるようですから、強硬な反発勢力がなく、成立する可能性が高いと思われます。


 

 

 

マンション購入は急ぐべき?

将来的に新築のマンションを購入したいのですが、消費税の増税が行われる前に、購入してしまうべきでしょうか?


 

減税の対象はあくまで住宅のみです

土地を購入しても消費税はかかりませんが、建物を購入すると消費税がかかります。また、個人から購入する中古マンションや中古住宅には消費税がかかりません。そういう意味では、土地よりも建物の比率が相対的に高くなる新築のマンションが最も消費税増税の影響を受けるといえます。新築マンションの建物分が3000万円だとすると、消費税率が5%から8%へ3%上がるだけで、消費税が90万円増えることになりますので、金銭上の損得を単純に考えると、消費税増税前にマンションを購入するほうが得だといえます。また、この2013年までに購入して入居すれば、住宅ローン減税を受けられるというメリットもあります。

 

しかし、マンションの購入希望者は同じように消費税増税前に購入しようとしますので、増税前は駆け込み需要でマンション購入希望者が急増することになります。そうするとマンション価格自体が上がることになります。仮にマンションの価格が3%上がると、消費税増税前に購入するメリットはあまりないといえます。一方、増税後はマンションの購入希望者が激減することが想定されますので、マンションの価格自体が下がると考えられます。どの程度の幅で増減するかはわかりませんが、増税前後で消費税込みの購入価格はさほど変わらないのではないかとも考えられます。増税前にはマンションの建設数も増えるとは思いますが、それにも増して購入希望者が殺到すると、気に入ったマンションを選ぶことができる確率が減ってしまいます。無理して、消費税増税前に買わなければならないということは無いように思います。


 

消費税増税でも損しない住宅ローンランキング!